良質な財布の見分け方

「財布を選ぶ」となると、ブランドで選ぼうとする人も少なくないと思います。
もちろんブランド物の財布を持つのも、悪くないことだと思います。

ただ財布に大切なのは、ブランドよりも、その財布が「良質であるかどうか」ではないでしょうか。
ブランド物であるから良質であるとは、必ずしも言えません。

良質な財布を選ぶには、それを見極める「目」が必要となります。
そこで良質な財布の見分け方のポイントを、ここではいくつか上げてみました。

まず大切なのは素材

財布でまず大切なのは、「素材」です。
きちんとした素材の財布を選べば、長く使い続けることができます。

また革素材の場合には、使い続けると経年変化をしていきます。
経年変化して年季が増した革財布は、また大きな魅力となります。

革素材は多くの場合、牛革になると思います。
ただコードバンやオーストリッチなどの高級皮革は、長く使い続けるにはオススメです。

縫製も見逃さないように

良質な財布を見極めるには、革素材はもちろんですが、縫製もポイントです。
素材が良くても、縫製が良くなければ、財布はすぐに壊れてしまうことになります。

現在では中国などで製造された財布も少なくありません。
ただ縫製技術は、日本が一番と言われています。
製造国を見て、「日本製」を選ぶことが、長持ちする財布を選ぶコツとなります。

また財布の「仕上げ」などにも注意しましょう。
コバがきちんと磨かれているかどうかは、財布の仕上げを見極める上でのポイントです。

機能性ももちろん大切

財布は、見た目だけでなく、機能性も大切です。
見た目が良くても使いにくければ意味がありません。

カード入れや小銭入れがきちんと使いやすくなっているかどうか、確認が必要です。
また内装が、ナイロン製より革製のものの方が、長持ちすることにもなります。

ページの先頭へ戻る