小銭の入れすぎはかっこ悪い

小銭を入れすぎてパンパンに膨れた革財布、見た目がとてもかっこ悪いです。
日頃から小銭をためすぎないように意識していかなければならないでしょう。

小銭の入れすぎはかっこ悪い

革財布は革を重ねるだけでも厚みが出やすいものです。
できるだけ薄くするために革の縫合方法などを工夫して作っているものがあります。
厚みがあるとかっこ悪いという意識は、製造の段階で考えられているのです。

革の財布でも長財布は薄めの革財布になっています。

薄い状態のフォルムを意識して作られているため、
ふくらんだ状態ではファッションとして成り立ちません。

せっかく薄いを前提に作られているのに、
財布をふくらませてしまうのは間違った使い方といえるでしょう。

厚みがある財布をポケットに入れるのはとてもかっこ悪いです。
特に体のラインを意識して見せるスーツ系の服装の時は注意したいですね。

ふくらみが財布の傷みを早くさせる

革は伸び縮みするようにできていないので、中身が多いと歪んでしまいます。
変な形に固定されてしまい、小銭をすべて出しても革が伸びた状態のままになってしまいます。

一度革を変形させてしまうと、なおすことは難しく、
短期間で財布を買い換えるはめになってしまうかもしれません。


普段から小銭をためこまない習慣づけを

普段から小銭をためないように意識して生活するようにしましょう。
どうしてもお札ばかり使ってしまい、小銭をためてしまう人は、次の工夫をしましょう。

  • 小銭入れを別で買う
  • 端数を気にしない買い物をするならカードで支払う
  • 電子マネー通貨を購入してお金をあまり持たないようにする

おそらく小銭をあまり使わない人は、
缶コーヒー1本などの軽い買い物の時にお札を使ってしまうのでしょう。
大きな買い物になると、あらかじめお金をきっちり準備する可能性が高いです。

小銭で膨らんだ財布はとてもかっこ悪いので、
小銭をできるだけ少なくする考え方をしていきましょう。

ページの先頭へ戻る