革クリームも種類によって大きく違う

ヌメ革の財布を購入した場合には、革クリームを使うことがオススメです。
革クリームには様々な効果があります。
また革クリームの種類により、効果は大きく変わります。

革クリームの効果

表面に塗装を施した革の場合は、革クリームを使う必要はそれほどありません。
ただ表面塗装をしていないヌメ革は、革クリームを使うのは効果的です。

革クリームは、革に栄養と油分を補給します。
それによって革に適度な湿度を保ち、革を傷や汚れから守ります。

また革クリームを革財布を買った当初から使うことにより、経年変化を早める効果もあります。
経年変化をより積極的に楽しみたいなら、革クリームを使うことがオススメです。

革クリームの種類

革クリームには、いくつかの種類があります。
革クリームの種類によって、革に対する効果は変わります。

代表的な革クリームについて、その効果を紹介します。

アロマレザークリーム

アロマレザークリームは、植物原料から作られています。
防かび、油分補給、保湿など基本的な効果は十分ですが、光沢や経年変化の効果はゆるやかです。

革の基本的な手入れをしながらも、経年変化はゆっくりでいいという場合にオススメのクリームです。

ブレオレザークリーム

ブレオレザークリームも、やはり植物性のクリームです。
アロマクリームに比べると、光沢や経年変化の効果がやや高くなっています。

バランスが取れていますので、初心者にはオススメです。
またブレオクリームは、塗ることによって傷を目立たなくする効果もあります。

ミンクオイル

ミンクオイルは動物性で、ヌメ革との相性がいいのが特徴です。
色を深め、皮をやわらかくする効果もあります。

経年変化を早める効果もありますので、経年変化をより楽しみたい場合にはオススメです。

ページの先頭へ戻る