カードが多い人はカードケースを別に持とう

財布の中に、気が付くとカード類がたくさん入っていることはありませんか?
現在では、キャッシュカードにクレジットカード、
お店のポイントカードなど、沢山の種類のカードがあります。

これらカード類をすべて財布に入れていると、財布が膨らんでしまいます。
でも膨らんだ財布はちょっと格好悪いですよね。

もちろんまずは、カード類は整理するのが大事です。
あまり行かないお店のポイントカードなどは処分してしまうのもいいでしょう。
でもそれでもどうしても、カード類がたくさんあるという場合には・・・?

その場合、「カードケース」を財布とは別に持つのがオススメです。

カードケースを財布と別に持とう

カードケースは、カードを専用に入れるためのケースで、様々な種類があります。
これを財布と別に持てば、財布に入れるカードを減らすことができます。

財布には、必要最低限のカードを入れるようにしましょう。
キャッシュカードやクレジットカードも、いつも使うものだけにします。

それ以外のカードは全て、カードケースに入れるようにして、カバンの中に入れておきましょう。
カードケースはたまに使うだけなので、カバンに入れておいても不便はありません。

カードケースには、保険証や診察券などを入れるタイプのものもあります。
ここには病院のレシートも一緒に綴じられるようになっています。
病院へ行く機会が多い人は、このようなカードケースを使うのも、またいいかもしれません。

ページの先頭へ戻る