デザインよりも色と素材感で選ぼう

名刺入れを選ぶ時は、デザインよりも色と素材感で選びましょう。
色はなるべく無難なもので、あまりアピールしすぎないのがポイントになります。

名刺入れの色の選び方

ビジネスマンが持つ革製品は、基本的にブラック、ブラウン系がおすすめです。
少し変わった色を使って無難で収まりたくないなら、オリーブ、ネイビーなどが良いでしょう。

レッド、グリーン、イエローなど原色を選ぶと少し派手過ぎてしまいます。
ビジネスファッションから浮いてしまうので注意しましょう。

  • レッド → ワインに
  • グリーン → オリーブに
  • イエロー → クリーム・ベージュに

ワイン・オリーブは原色に少し暗い色を混ぜた色で落ち着きがあります。
クリーム・ベージュは明るめの色ですが発色を抑えた色になっています。
自分が好きな系統の色を選ぶ時も、少し工夫して選ぶと良いでしょう。

素材にこだわった選び方

名刺入れも革財布と同じく材質にこだわっていきましょう。
経年変化の楽しめるもの、ツヤと光沢のあるもの、もちろん革製品から選んでください。

  • 経年変化を楽しみたい → コードバン、ブライドル
  • 光沢感が欲しい → マットーネ、パティーナ

このような感じで革を選ぶと、あまりハズレがないと思います。

メンズ用で選ぶなら、ココマイスターグレンチェックなどがおすすめです。

ページの先頭へ戻る