女性からの印象を良くするためのポイント

財布もファッションの一つなので、財布のセンスが良ければ女性の気を引くことができます。
女性は案外男性の財布まで気をつけてみているので、だらしなくしているとそれだけで引かれてしまうこともあります。

女性の印象を良くするための財布の使い方、どんなものなのでしょうか。

女性の印象を良くするための財布の使い方

まずは財布の使い方から説明していきます。
どんな財布でも使い方が悪ければセンスが台無しになってしまいます。
財布の種類に関係なく、これだけは気をつけてほしいですね。

レシートや領収書をためすぎない

財布が膨らんでしまうと、財布の見た目がとても悪くなってしまいます。
財布の見た目だけでなく、財布を入れているポケットの見た目も悪くなります。
膨らみがシャツにまで透けて見えてしまうと、ファッション全体の見栄えが悪くなるでしょう。

また、スマートな会計シーンを見せると女性の印象を良くすることができます。
財布が膨らみすぎてポケットにつっかえてしまうと、スマートな会計をすることができません。

小銭を入れすぎない

小銭を入れすぎていると、面倒くさがり屋のイメージが強くなります。
会計を細かくできる方がお金をきちんと管理できているイメージを持たせることができます。

もし、お札だけを使うクセがあるなら、小銭を使いきる習慣もつけておきましょう。
クセをなおしきれない、どうしても面倒なら、財布を使った後は小銭を貯金箱に入れて財布を軽くしておけるようにしましょう。

レシートのためすぎも小銭の入れすぎも財布が変形してデザインの質を落とします。
膨らみを見られただけで「整理できない男」という印象もついてしまうので、できるだけ財布は薄くしておきましょう。

女性の印象を良くするための財布の選び方

財布の膨らみを意識してなおしても、財布自体にセンスを感じられなければ女性は引いてしまいます。
どんな財布が女性の印象を悪くするのかを考えていきましょう。

クロコダイル革などの派手な財布

クロコダイル側は肉食系の男性が持つイメージがとても強いです。
一部の女性には人気がありますが、半数以上の女性からの支持を獲得することは難しいです。

いわゆる「チャラ男」のイメージが強いので、女性のタイプを見て使っていきましょう。

露骨なブランド系デザインの財布

露骨なブランド系のデザインの財布は、張り切りすぎている印象を与えることがあります。
「経済力があるところを見せたい」のかもしれませんが、「自慢しているのかな?」と思われがちです。
斜め上のアピールになってしまう可能性があるので注意しましょう。

また、女性の中には男性がブランド物を使っているだけで嫌がる人もいます。
特に若い女性は嫌がるので、ブランド物は40代、50代になって余裕ができてから使いましょう。

チェーンつきの財布

チェーンもまたチャラ男に見えてしまう特徴があります。
それだけでなく、いまやチェーン自体がダサイという認識をされています。
ワイルド系の男性がギャル系の女性に向けてつけるのは構いませんが、それ以外はありえない装飾になってしまうかもしれません。

ページの先頭へ戻る