長財布にファスナーは必要?

ファスナーつきの長財布を使っている人を多く見かけますが、長財布にファスナーは必要でしょうか。
なぜファスナーつきの長財布を使っている人が多いのか、必要かどうかを考えていきましょう。

長財布にファスナーは必要?

長財布にファスナーが必要かどうか、基本的にそのへんは好みで結構です。
では、ファスナーつきの長財布を持っている人が多いのはなぜ?

それは、最近流行りになっているからであり、
必ずついていなくてはならないものというわけではありません。

財布全体にファスナーがついている、小銭入れ部分だけにファスナーがついている、
まったくついていない、財布のデザインコンセプトによって違います。

ファスナーを財布の装飾の一つとして考える人もいれば、
便利だからついているものにするという人もいます。

ファスナーがついているかどうか、それはあなたの好みに合わせましょう。

ファスナーつきの革財布が人気の年齢

ファスナーつきの革財布は、ある一定の年齢からの支持があついです。
40代になると、結構セカンドバッグを持ち歩く人が多いと思います。
セカンドバッグの中に入れてもお金がこぼれないようにファスナーつきを選ぶ人が多いです。

また、セカンドバッグの代わりとして持つ人もいます。
セカンドバッグでは大きすぎる、レシートをたくさん入れてしまいがち、
ファスナーつきの長財布は大きめのものが多いですからね。

ファスナーつき革財布を使う際の注意点

革の質が良い長財布でも、ファスナーを作っているところは別ということがほとんどです。

ファスナーは別の会社が作っていて、
それを取り付けているだけなので、ファスナーだけ質が悪いということもあります。

エルメスなどの高級ブランドの革財布は、革に力を入れて財布を作っています。
ですが、買ってすぐにファスナーが3回以上壊れたという人もいるので、
ファスナーの質は悪いものがあります。

ファスナーの質だけを重視するなら、YKKのものがおすすめです。
財布を買う時にファスナーのメーカーもきちんと見ておきましょう。

商品によっては、ファスナーだけを交換できるものもあります。
一度ファスナーが壊れた後は多くの店舗でYKKをおすすめしているようです。

ファスナーのせいで長財布を嫌いになるということだけは避けたいですね。

ページの先頭へ戻る