財布と革小物はコーディネートすべきか?

男性は、様々な革製品を携帯すると思います。
財布はもちろんですが、その他にも名刺入れ、キーケース、パスケースなど色々ありますね。

これらは男性にとっては、「アクセサリー」とも言えるものだと思います。
男性は女性と違い、ネックレスやブローチなどをつけることはできにくいですね。

ですからこれら実用品である革小物が、
男性にとってはアクセサリーの代わりを果たすものともなります。

さらにこれら革小物は、女性を初め周囲の人からの注目度が高いんですね。
「革小物はいつもポケットに入れているのになぜ?」と思う人もいるかもしれません。

でもいつもポケットに入れられている物が、
たまに取り出されるからこそ、その時の注目度が高くなるんですね。

革小物にどのようなものを持つかで、
女性はその男性の品格を測るところもあると言われています。

革小物はコーディネートすべきか?

さて革小物を選ぶ場合、それら革小物を「コーディネートすべきかどうか」という問題があると思います。
メンズグッズの売り場では、財布や名刺入れ、キーケースなどをコーディネートして販売しています。

たしかにコーディネートするのも一つの考えです。
またコーディネートされたものをまとめて買ってしまえば、いちいち選ぶ手間も省けますね。

ただ財布など革小物は、一度に取り出すものではありません。
コーディネートしていても、コーディネートされた様を人が見ることはめったにないというわけです。

ですから必ずしも、革小物のコーディネートにはこだわる必要がないとも言えるんですね。
実際革小物はコーディネートした方がいいというファッションルールもありません。

「自分が気に入っているかどうか」がむしろ大切

それよりむしろ、一つ一つの革小物について、
「自分が気に入っているかどうか」が大切ではないでしょうか。
形や色、使い勝手が自分にあっているのかどうかが、まずは大切です。

たしかにそうやって革小物の一つ一つを選ぶことは、けっこうな時間がかかります。
コーディネートされたものを買ってしまったほうが、手間がかからないのは確かです。

でも男性が、自分の持ち物一つ一つにこだわっているかどうかが、
結局魅力につながるのではないでしょうか。

一つ一つに自分の人格が投影されているかどうかが、大切なことであると思います。

ページの先頭へ戻る