ビジネスシーンで差をつける大人の財布を持とう

30代は多くの男性が、
社会に出て例えば企業の中でも一定のポジションを持つようになると思います。

服装についてはスーツが当たり前である企業が多くを占めますが、
アパレルや各種企画会社などの方々は、ソフトな服装でも可能な場合もあります。

いずれにしてもある程度の責任を持つ立場にある、
あるいはステータスを大切にしなければならないとなると、
服装のみならず、身につけたり携帯する小物類にも気を使うのは、
ある意味当然と言えます。

普段から持つもので人目に触れる機会が多い、
“財布(ウォレット)”にはとりわけ気を使うべきでしょう。


どのような財布を選んだら良いの?

では、どのようなチョイスをすべきでしょうか?

まず、素材はレザーであること。
これは必須です。

そしてその質感にもこだわりたいものです。
出来れば無骨な厚手のものは避けたいです。

つまり薄手でシャープな作りのものであれば見た目もすっきりして、
周りからの印象も良いはずです。

必要以上に印象に残らない方がより大人ともいえると思います。


例えば、どんなブランドがあるの?

では、どこの何を選んだらよいのでしょうか。

まず、すぐ思い浮かぶのが、
グッチ、ルイヴィトン、コーチなどの海外ブランドではないでしょうか?

その中でもブランドロゴが前面に施してあるもの、
ワンポイントがあしらわれているものなど色も含め様々です。

出来れば、人目見て、「これはブランドでございます」というように、
強烈にアピールしてくるようなものは、避けた方が良いでしょう。

見た目で派手さがあったりすると、
普段どこかで同じものがかぶったりするとがっかりしませんか?

そういうシーンは良く見かけます。

ブランド物であるならば、せめてワンポイント程度にとどめておくと、
いやみな印象ももたれないと思います。


日本製のブランドで良いものは?

では、日本には良いものはないのか?
あります!
派手さはありませんが、シックで上質、ハイセンスなブランドが日本にもあります。

本革仕様でメジャーなブランドの「ココマイスター」

ココマイスター」では、主に欧米の著名な革メーカーの厳選されたレザーを、
熟練の技術を持った職人が丁寧に作りこんだウォレットを販売しています。

使い込むほど味が出る“染料”で染めの商品や、
上質な質感を長く楽しめる“顔料”染めのものがあり、
それぞれにあった天然皮革を使用した高級感あふれる製品を展開しています。

非常に上質で、それこそ一生物になりうる満足感の高い商品が揃っています。

価格帯は20000円代~中心は30000円で少し値が張るかもしれませんが、
その分後悔することはないでしょう。


「スーパークラシック」の“アブラサス”ブランド

一方で、優れた品質でありながら、
手ごろな価格を実現している専門店系のブランドもあります。

最もお勧めなのが「スーパークラシック」。

ここの商品は見た目はとてもシックでベーシックなのですが、
現代的にアップデートされた機能性が特徴と言えます。

中でも特許技術を採用した“アブラサス”ブランドはとても薄くスマート、
嵩張らないにも関わらず非常に収納性に優れています。

しかもカラーが豊富でメンズ向けには8色が用意されています。
値段も手ごろで、10000円台中ごろと求めやすいので特にお勧めなブランドです。

大人のビジネスシーンにさりげなく出来る男を印象ずける事間違いなしの、
一押しブランドです。

ページの先頭へ戻る