素朴で自然な風合いがヌメ革の持ち味

ヌメ革は、タンニンだけでなめした革素材です。
キズがつきやすいのが欠点ですが、素朴で自然な風合いが、ヌメ革の持ち味です。

ヌメ革とは?

革素材はなめされることによって仕上げられます。
ヌメ革の場合には、なめす際に「タンニン」が使われます。

タンニンとは、植物の渋に含まれる成分です。
植物成分ですから、廃棄されても土に帰り、自然を汚染することがありません。

ヌメ革の特徴は?

丈夫だけれどキズがつきやすいのが欠点

ヌメ革は他の革素材と比べ、繊維の目が詰まっています。
ですからまず何より「丈夫」であることが特徴です。

多少手荒な使い方をしても、破れたりすることはありません。
きちんと手入れをして使えば、数十年でも使うことができます。

ただヌメ革は、表面加工がされていないため、キズがつきやすいのが欠点です。
また水には特別弱いのも欠点で、水に濡れるとシミができてしまいます。

経年変化が美しい

ヌメ革は、使い始めはゴワゴワと硬い印象があります。
ただこれが使い続けていくうちに、だんだん柔らかくなっていきます。

これは手の脂が染み込むことによるものです。
使い込まれてくったりとしたヌメ革は、何とも愛着が湧くものです。

またヌメ革は、時間が経つにつれ、アメ色に色が変わっていきます。
これは日光の影響によるものです。

このようにヌメ革は、経年変化が美しいのが特徴です。
まさに「10年後が楽しみな革素材」だと言えると思います。

革ごとに個性がある

ヌメ革は表面加工がされていません。
ですから動物の皮の表面の表情を、そのまま見ることができます。

動物の皮には動物ごとにそれぞれ、キズやシワなどがあります。
ヌメ革の場合には、そのキズやシワも、味わいの一つだと言えると思います。

ヌメ革のお手入れ方法は?

ヌメ革は水に弱いのが欠点です。
特に使いはじめの頃は水に濡れると、シミになってしまいます。

シミができても、使い込むうちに目立たなくはなります。
また使い込んでいくと、手の脂によって自然の保護膜ができ、シミができにくくもなります。

ただシミや汚れが気になる人は、保護クリームを塗り込んだり防水スプレーを使うのがオススメです。

また普段のお手入れは、柔らかい布で乾拭きすると、美しいツヤが出ます。

ページの先頭へ戻る