美しい経年変化がマットーネの身上

マットーネはヌメ革でありながら、光沢があるのが特徴です。
また多量のオイルを使っているため、経年変化が美しいのが身上です。

光沢があり、経年変化が美しいマットーネ

ガゼイン加工により光沢がある

マットーネは牛革に「ガゼイン加工」を施して製造されます。
ガゼイン加工とは、卵白を原料とする薬剤を染み込ませることです。

マットーネはヌメ革の一種ですが、ヌメ革には本来光沢はありません。
ところがマットーネはガゼイン加工により、ヌメ革には珍しい光沢があるのが特徴です。

ヌメ革ですから自然な風合いが生きていて、カジュアルに使えるのはもちろんです。
しかしマットーネは光沢がありますので、フォーマルでの使用も十分にできる素材です。

オイルを多量にしみ込ませるので経年変化が美しい

マットーネにはまた多量のオイルが染み込ませてあります。
このいるの影響で、経年変化が美しいのもマットーネの特徴です。

普通のヌメ革なら、経年変化が起こるまで、数年がかかります。
それに対してマットーネは、半年から1年で、くったりとして光沢が増してきます。

またマットーネに染み込ませてあるオイルは、抜けにくいのも特徴です。
牛革と相性が良い、牛脂が使われているからです。

ですからマットーネの光沢は、長く使っていても褪せることがありません。
使い続ければ使い続けるほど、光沢が味わい深くなっていきます。

マットーネのお手入れ方法は?

マットーネのお手入れは、まず「使い続けること」だと言われています。
使うことにより、染み込ませてあるオイルが革の中で移動して、繊維を柔らかくしてくれます。

また光沢を維持するためには、柔らかい布で乾拭きするのがオススメです。
この時は決して強く擦らず、軽く撫でるように拭くようにしてください。

マットーネの経年変化を早めるには、ミンクオイルを塗るのがオススメです。
また水には弱いので、雨の日に使う時には防水スプレーを使用するようにしてください。

ページの先頭へ戻る