マットな味わいで経年変化が美しいマルティーニ

マルティーニはイタリアの伝統製法「バケッタ製法」で作られています。
同じバケッタ製法で作られる「マットーネ」と比べると、マットな味わいが特徴です。

バケッタ製法で作られるマルティーニ

マルティーニは、イタリアで1000年の伝統を誇る「バケッタ製法」で作られています。
バケッタ製法はヌメ革に、オイルを時間をかけて染み込ませていくというものです。

これによって、マルティーニは、自然の味わいを活かしながらも、独自の光沢を持っています。
またオイルによって、しっとりと手に馴染むような手触りがあるのも、マルティーニの特徴です。

バケッタ製法といえば、マットーネも、同じ製法で作られます。
ただマットーネとの違いは、「ガゼイン加工」を施しているかどうかということになります。

マットーネは卵白を原料とする薬剤を染み込ませる、ガゼイン加工を施してあります。
それによって美しい光沢があるのが、マットーネの特徴です。

それに対してマルティーニは、ガゼイン加工を施していません。
このためマットーネと比べるとマットな印象があるのが、マルティーニの持ち味です。

経年変化が美しいマルティーニ

マルティーニには多量のオイルが染み込ませてあります。
このため経年変化が比較的早いのも、マルティーニの特徴です。

経年変化をすることにより、マルティーニの自然な風合いは、ますます味わいを深めます。
この味わいは、他の皮革素材の追従を許さないと言えると思います。

マルティーニのお手入れ方法

マルティーニの日常のお手入れは、柔らかい布で乾拭きするだけで十分です。
乾拭きすることでオイルが馴染み、マルティーニの風合いが美しくなります。

またマルティーニも水濡れには弱いため、水に濡らさないよう注意する必要があります。
雨の日などに使う時には、防水スプレーを使用してください。

マルティーニは長い期間使用すると、表面が乾燥し、カサついてくることがあります。
その場合には皮革用の栄養クリームを使うようにしてください。

皮革用の栄養クリームは、ムラなく全体に塗るようにするのがポイントです。
また使い始めの時から使うようにすると、経年変化を早める効果があります。

ページの先頭へ戻る