革製品は補修を行うショップで購入するのがオススメ

革財布は上質なものなら、数十年にわたって使い続けることができます。
上質な革素材は、基本的に破けたりなどして破損することはありません。

また上質な革素材は、使い続けるうちに経年変化を起こして馴染んできます。
経年変化して馴染んだ唯一無二の自分の財布を持つことは、
革財布を持つことの醍醐味だといえるでしょう。

ただ革財布の革素材が破損しなくても、修理が必要な場合はあります。
縫製がほどけてきたり、金具が壊れたりすることはあるからです。

修理は買ったショップでするのが一番

革財布を修理するには、修理を行う工房に依頼する必要があります。
実際革製品の修理を専門に行う工房は、たくさんあります。

しかし修理をする工房が、その革財布を買ったショップと違う場合、問題が起こる場合があります。
たとえばファスナーや留め具などの金具が、買ったものと同じものがないかもしれません。
また縫製に使う糸も、全く同じものがない場合もあります。

その場合、修理をすると、革財布が買った時とは違うものになってしまう場合もあります。
それではちょっと残念ですね。

ですから革財布は、買ったショップで修理するのが一番です。
買ったショップなら、金具などの部品も同じものがあります。

ただそのためには、革財布を買うショップが、修理も行うことが必要です。

もし財布を長く使いたいのなら、
買うショップが修理をするかどうか、確認するようにするのがオススメです。

ページの先頭へ戻る