「皮革の宝石」と呼ばれるコードバン

コードバンは、「皮革の宝石」と呼ばれています。
美しい光沢と頑丈さは、他の革素材の追従を許しません。

「皮革の宝石」と呼ばれるコードバン

コードバンは、「皮革の宝石」と呼ばれます。
それには3つの理由があります。

希少性

まずはその希少性です。
コードバンは馬の尻の皮から作られます。
一頭の馬から採れるコードバンは、ごくわずかであることになります。

さらにコードバンが採取できる馬は、特別な品種だけです。
ヨーロッパで食肉用として少数生産されている農耕馬から採られた皮革のみが、コードバンと呼ばれます。

ですからコードバンは、入手が非常に困難となっています。
革工房でも、コードバンを予約してから実際に入手するまで、1年以上かかると言われています。

生産方法

コードバンは、馬の尻の皮膚から、約2ミリの薄い層を削り出すことによって生産されます。
この生産方法が、岩石から宝石を削り出す作業と似ていると言われています。

美しい光沢

コードバンは美しい光沢が特徴です。
革素材が光り輝くさまが、「宝石」と例えられることにもなっています。

丈夫で柔らかいのもコードバンの特徴

コードバンは、丈夫であることも大きな特徴です。
強度は、牛革の2倍〜3倍もあると言われています。

またコードバンは、シミや汚れ、キズなどにも強いのが特徴です。
手入れをすれば、一生使うことも可能になります。

コードバンの光沢は、使い続けても褪せることがありません。
逆に使い続けることにより、光沢の味わいが増していきます。

このように丈夫なコードバンですが、柔らかいことも持ち味です。
ゴワつくことがありませんので、財布のような小物にはまさに打ってつけの素材です。

コードバンのお手入れ方法は?

コードバンは使い始めこそ、やや硬いと思われるかもしれません。
でも使っていくうちに、すぐになじんで柔らかくなります。

日常のお手入れには、柔らかい布で乾拭きすれば十分です。
ゴシゴシ擦らず、柔らかく、撫でるように拭くのがコツとなります。

ページの先頭へ戻る