名刺入れはビジネスマンの「顔」

「名刺入れはビジネスマンの命です、と言われることがあります。

命というとちょっと大げさですが、名刺入れはいわばビジネスマンの「顔」。
よく見られるものなので選び方に気を遣わなければいけませんね。

どんな「顔」がビジネスマンに気に入られるか

名刺入れは財布とは違い、他人によく見られるものです。

財布はビジネスマンの「ファッション」として持つものだと思いましすが、
名刺入れは、ビジネスマンの「マナー」として持つものです。
マナーがなっていない人は高い評価を得ることはできません。

名刺入れを選ぶ時は自分の趣味で選ぶよりも、相手にどう見られるかを考えてください。
他人から見た時のイメージを優先して、個性的なものよりも無難なものを選んだほうが良いです。

なるべくシンプルで、かつ安っぽくないものがベストです。
ステンレス製、プラスチック製のものはシンプルですが安っぽく見えてしまいます。
無難ではありますが、革の名刺入れを使った方が周りからの評価も上がると思います。

派手な名刺入れを使うなら、デザイン系の仕事をしているなら問題ないかもしれません。
ただ普通の会社員の場合は、あまり派手なデザインの名刺入れを使わない方がベターです。

スーツ、ビジネスバッグ、財布と合わせて使えるように、トータルコーディネートも意識しましょう。
一つだけ浮いたアイテムにならないように、名刺入れも気をつけて選びたいですね。

参考:ココマイスターの名刺入れ一覧
ページの先頭へ戻る